Corinne Malvern(コリンヌ・モルバーン)について #リトルゴールデンブック

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:海外の名作絵本


 

こんにちは、ブッククーリエ 店長の Tote です。

本日はリトルゴールデンブックを代表する作家の1人、Corinne Malvern(コリンヌ・モルバーン*)についてお伝えします。

 

クラシカルだけどスタイリッシュ、古き良きアメリカを思わせる画風で、1940年代から50年代にかけ活躍したイラストレーターです。

 

モルバーンが手がけたリトルゴールデンブックといえば、まず思い浮かぶのが「クリスマスの前の晩」。有名すぎる1冊です。

 

また、「フロスティ」や「ハイジ」といった名作も。

いずれも超ロングセラーの絵本です。

 

その他のこの作家さんの絵本はこちらでご覧いただけます。

 

それだけに、リトルゴールデンブックのイメージ形成に大きな影響を与えたイラストレーターの1人だと いっていいでしょう。


たくさんのリトルゴールデンブックを手がけた印象がありますが、実際に描いたのは17冊でした。でも、そのほとんどがロングセラーなので、大きな存在感となっているのでしょうね。

 

Penguin Randomhouse社によると、生没年は1901年から1956年と、短めの生涯だったようです。もう少し長生きしていれば、もっとたくさんの名作を残していたかもしれません。

*日本では、あまり知られていないことから、名前の公式な日本語表記がないようなので、グーグル検索での自動

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました