会計リテラシーで見えないお金が見えてくる 著者 渡辺俊之

小説の書評と感想
会計リテラシーで見えないお金が見えてくる著者 渡辺俊之新たな知識を求めてこの本と出逢う。どの仕事も同じでしょうが、時代はAIにとって変わろうとしています。しかし決して数値化できない人の心を相手にする職業も存在するのです。人とのコミニケーションスキルが必要とされる職業でもあります。したがってAIが代替えすることは難しい職業だと、公認会計士は考えています。はいお会計です、その言葉を聞いたときに会計士は財貨の移転の完了、対価の成立などを考えます。会計士が地方のバスに乗ったら何を考えるのか?それは簡単に言うと売り上げの計上です。海外出張でたまったマイレージを家族旅行に使ったら会計上何を考えるのか?本来は給与扱いで源泉徴収すべきです。いろいろお金の考え方はあります。しかしお金を真剣に考えなければ企業も、個人も生きていくことができません。だからこそお金を扱う職場が重要視されるのです。どの企業もお金を扱うことに関しては慎重になっています。もちろんそれが給料となり、内部留保となるからです。だからこそお金を大切に扱うのです。お金を稼ぐことも大切だが、やはり仕事を楽しむことも大切である。仕事を楽しみながらお金を稼ぐことが1番良いのではないかと思う。しかしそれが難しいのである。仕事の生きがい、やりがい、目的意識が何なのかを考えなければならない。税金に対する経営者のタイプの違いは存在する。例えばはちゃめちゃ型経営者。いきなり担当者に対して、この領収書を追加で入れといてと急に依頼してくる経営者である。他には力任せ型経営者。架空経費の計上と言う、はちゃめちゃなことまでさすがにやらないまでも少し税法の知識

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました