【本が好き!ランキング】今週の1位は美術史家による江戸の人気絵師・伊藤若冲を研究した『若冲伝』 (佐藤康宏/河出書房新社)!!

書評総合

こんにちは。本が好き!編集部の和氣です。
2019年6月10日~2019年6月16日の人気書評ランキングを発表します。
1位
書籍:『若冲伝』
(佐藤康宏/河出書房新社)
レビュアー:ぽんきちさん 得票数:34
書評掲載日:2019-06-10 00:02:29
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/278440/review/228636/
美術史家による若冲評伝決定版。
伊藤若冲(1716-1800)は近年人気の高い、江戸の絵師である。
生前は人気も知名度も抜群であったが、明治以降、一時期、忘れられたに近い存在となった。本格的な学術研究の嚆矢は1920年代、秋山光夫らによるものである。その後、1960年代に辻惟雄・小林忠らにより、研究が飛躍的に拡大する。若冲作品に注目し、多くの作品を入手していたアメリカ人蒐集家、ジョー・プライスの存在も大きかった。……続きを読む
—————————
2位
書籍:『八号古墳に消えて』
(黒川博行/東京創元社)
レビュアー:darklyさん 得票数:30
書評掲載日:2019-06-10 20:20:20
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/38855/review/228571/
安定の黒川ミステリー。考古学の知識がある方が読めば更に面白いかもしれません。
黒川さんの著作は疫病神シリーズ他数冊読んだことがありますが、本作品は大阪府警捜査一課シリーズ第三弾らしいです。このシリ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました