1冊入魂「原点回帰の出版社」

書評総合
<![CDATA[1冊の力を信じる 自由が丘のほがらかな独立系出版社 ミシマ社。創業から5年間の出来事を 社長である著者 三島邦弘が振り返る。どの企業にもある創業当時の苦労話ではあるが、三島氏の本を愛するがゆえの1冊入魂の本作り、読者へとこころが通うことを願う手売りの営業など、大手出版社とはことなるスタイルをつらぬく熱い気持ちに共感する。三島氏の熱い思いとはうらはらに、表出してみえる振る舞いや行動が、悪く言えば短絡...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました