香港で大規模デモ、逃亡犯条例改定を延期へ(金融日記 Weekly 2019/6/7-6/14)

ビジネス書の書評と感想
TOPIX: 1546.71, +0.9% (1w), +3.5% (YTD)Nikkei225: 21116.89, +1.1% (1w), +5.5% (YTD)S&P500: 2886.98, +0.5% (1w), +15.2% (YTD)USD/JPY: 108.54, +0.3% (1w), -1.0% (YTD)EUR/JPY: 121.65, -0.8% (1w), -3.2% (YTD)Oil(WTI Futures): 52.51, -2.7% (1w), +14.6% (YTD)
 筆者がちょうど香港に出張中、市民たちによる大規模デモが行われていた。
 1997人にイギリスから中国に変換された香港だが、50年間は一国二制度が維持され、集会の自由や結社の自由が認められる資本主義システムが継続される約束である。香港に逃げ込んでいる犯罪者を中国政府に引き渡せるようにするため、逃亡犯条例を改定しようとしていた。これに対して香港市民が100万人規模のデモで抗議することになったのだ。
 当初、こうしたデモにもかかわらず改正は実施されると思われたが、あまりの規模に香港政府は期限を定めずにこれを延期する、と発表した。
 中国政府が香港市民のデモや議会のこうした決定に対してどう動くのか世界が見守っている。
●【香港デモ】「逃亡犯条例」改訂が巻き起こした衝撃と市民の怒り - ふるまいよしこ
https://blogos.com/article/384590/
●逃亡条例改正「延期」 どうなる香港デモ、3つの疑問
https://business.nikkei.co

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました