「幻想グルメ5」天那光汰 おつじ ガンガンコミックオンライン

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。さて、今回紹介するのは天那光汰さん原作、おつじさん作画の「幻想グルメ5」です!前巻の記事↓http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073476994.htmlストーリー Aクジラを利用した豪華客船に乗りアキタリアを目指す俊一郎たち。客船での豪華な旅もあっという間に終わりついに異国へ!精霊に愛された世界樹の国で様々な食材を使用した料理に舌鼓を打つ!そして待ち受けるサリア皇女との謁見で俊一郎はピンチに…?シリーズ第5弾!ずっと続刊待っていて、発売日には読んだんですけ紹介するのがすっかり遅くなってしまいました(^_^;)今回も面白かったです!今回はアキタリア編ということで、これまでとはちょっと違う料理が楽しめましたね!豪華客船で女神貝のムニエルを食べたり、人魚の涙を落としたワインを飲んだり…は前哨戦!バフィラス地方で世界樹に作られた巨大な巣から手に入る蟲蜜(蜂蜜的なもの)の甘さに酔いしれたかと思えば、炎そのものの料理を食べたり…現実では絶対に食べられないおいしそうな料理が本当に最高でしたね!そしてストーリーはアキタリアの皇女であるサリアとの謁見へ。無理難題を押し付けられた俊一郎の答えは…?今回もファンタジー!グルメ!な最高の作品でした!超面白かったです!キャラ Aシルフィン!くっそ!先にやられてしまいましたね!こ、こちらももっと積極的に行きましょう!今回は照れたり、笑ったり、ジト目したり、美味しさに感動したり、色んな表情のシルフィンが見れて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました