【書評:1448冊目】1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術(山本憲明)

書評総合
【身軽になれば、仕事は速くなる!】
税理士・山本憲明氏が、『1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術』と題して、思い込み・やらないことをどんどん捨てることで、仕事を加速させる方法を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
今日やるべきことを書き出してみましょう。
それは、本当にやらなければいけないことですか?
 
本書は、「やらなければ」の思い込みから過剰に抱え込んでしまった仕事を手放すことで、仕事を加速させる方法を解説する一冊。
 
「勤勉」「真面目」「責任感」など。
日本人の労働者としての”優秀さ”を示す言葉は多くあります。
 
しかし、これらの特徴が過度に出てしまうとある悪影響が出ます。
それが、「(これもあれも)やらなければ」という思い込みです。
 
この「やらなければ」に囚われると、仕事量はどんどん増えていきます。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました