【書評:1432冊目】最高の生き方(ムーギー・キム)

書評総合
【何のために働き、何のために生きていますか?】
ビジネス書作家ムーギー・キム氏が、「最高の生き方」を題して、承認欲求や薄ぺっらい幸福感とはまったく異なる「価値を実感する生き方」の実現方法を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
なんのために働いているんだろう?
ふとした瞬間に、こんな疑問が浮かんだ経験ありませんか。
 
本書は、「価値を実感する生き方」こそ「最高の生き方」に通ずるとし、その実現に役立つ”価値観と行動を連結させる方法”を解説する一冊。
 
頭の中がぐっちゃぐっちゃになります。
あえて書かせていただくほど、頭の中が混乱する本です。
 
でも、読み終わるとなぜかスッキリします。
まるで、ジムで負荷の高いトレーニングをしたあとのように。
 
この混乱を感じる度合いが強いほど、思考や価値観が凝り固まっている。
そういうこと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました