『あなたを変える「気づき」』 木村藤子 (小学館)

書評総合
 霊能者である著者さんを頼って来る方々の相談事の中から、多くの読者にとって学びになるであろう6つの事例が、無駄のない綺麗な文章で記述されている。タイトルにある「気づき」はとても大事なことだけれど、霊能者や宗教団体の教祖の霊力に期待するだけの御利益依存傾向が強い人々は、「案外、気づいていないだろう」という内容ばかりである。悩み事を抱えていようといまいと、誰であれ読み始めたら瞬く間に読み終えてしまうはず。2008年10月初版。
【カルマ解消と「気づき」】
 ここで大事なのは、前世で何か現世に影響を与えるような悪いカルマをつくってしまったとしても、「気づく」ことで、そのカルマは解消できるということです。
 悪いカルマをウィルス(病原体)と考えましょう。このウィルスが最も怖いと思う薬が「気づかれる」ことなのです。これは自分のことだけではなく、子どものこと、夫のこと、友達のこと・・・・さまざまなことに気づき、それを正していくことで、悪いカルマは解消されるのです。(p.16)

 この本は、この目的のために著されている。
 読者は6つの相談事例の全てから、「気づき」を得られるだろう。
【「気づける人」と「気づけない人」】
 もちろん、私の透視力や説明する力の不足と言えば、それまでのことです。しかし、そうとばかりは言い切れないものを次第に感じるようになりました。
 そしてわかったこと、それは、「気づける人」と「気づけない人」では、スピリットの状態が異なるということです。
 長い経験の中で、私は気づいていない「スピリット」(心・魂・精神)の状態には2種類あることに気づきました。(p.19

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました