「やらないこと戦略 最大限にクリエイティビティを上げる時間管理術」ドナルド・ロース

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★☆☆(70点)

■世の中には
 「選択と集中という戦略」が
 あります。

 例えば、私がアップルPowerBook3400を
 使っていた頃は、アップルは
 普通のパソコン会社だった。

 ところがジョブズが戻ると
 iMac, iPad, iTune, iPhoneと
 ネットに集中した商品とサービスに
 集中し、今のアップルを作り上げました。

 だれもがネットの破壊力は
 理解していたものの
 実際に会社全体の商品、サービスを
 大転換するのはジョブズだから
 できたのでしょう。

・1,2,3・・とまず優先事項のリストを作る。
 それから4以降をすべてカットする・・・
 これで彼女には優先度の高い3つで
 結果を出す時間が増えたわけだ(p22)

■この本では、そうした
 「選択と集中」戦略を
 教えてくれる一冊です。

 3つに絞る。
 シングルタスクにする。
 自動化する。
 得意なことに集中する。

 わかっちゃいるけど
 やめられないことは多い。
 それを再考したいものです。

・自分の得意なことと、実はそれほど
 得意ではないことを知るのは大事なことだ。
 これをアメリカの有名投資家ウォーレン・バフェットは
 「守備範囲(サークル・オブ・コンピテンス)
 と呼んでいる(p47)

■内容は良いのですが、
 説明も「選択と集中」で
 簡易なものとなっています。

 読むのは簡単ですが、
 もう少し説明してもらうと
 ありがたいと思いました。

 ロースさん
 良い本をありがとうございました。

■この本で私が共

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました