「すぐやる人」の読書術 著者 塚本亮

小説の書評と感想
「すぐやる人」の読書術著者 塚本亮新たな知識を求めてこの本と出逢う。読書をするだけでは意味がない、読書をすることによって行動することによって初めて意味がある。この本はそれを言われている。読むだけであれば誰でもできるのである。読んだ後にどのような行動するのか、それが大切だと言われている。確かにその通りである。しかしまず大事なことは「本を読む」ことである。本を読まなければ前に進まないのである。そして本を読んだ後に、どのような行動するかが大切である。本を読む人は主導権を握る人が多いのである。それは自分で考えて行動するからである。読書をする人は価値観が多岐に渡ると言われている。価値観が変われば行動が変わる。行動が変われば状況が変わると言われています。そのために人は本を読むのです。どこかで壁にぶつかることもあるかもしれません、その壁と自分の価値観なのかもしれません。だからこそその価値観を超えるためにも本を読むことが大切であると言うことです。本を読むことで大切な事は、アウトプットすることで初めてその読書は投資になると言う考え方ができるということである。すぐやる人は読書をして行動する仕組み、読書を先延ばししないための仕組みのどちらも持ち合わせております。本を読むことにより、自分とは違う考え方と触れ合うことができます。本を読むことにより自分とは違う価値観と触れ合うことができます。自分とは違う考え方や、自分とは違う価値観に触れることにより、人は成長するのでしょう。読書を通して新しい価値観や情報を見つける、そしてそれをすぐに行動に生かすためにどういったアクションが必要かを考える、そのことにより人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました