今日も傍聴席にいます

書評総合
<![CDATA[殺人に「やむを得ない事情」があっていいのか__?裁判所で取材をする記者が、印象的で強く心に残った裁判の傍聴記録。29の刑事裁判の様子と判決内容が淡々と取り上げられている。__決して傍観者であってはいけない。老老介護の末、100歳まで面倒を見ることを約束した息子が母親の首を締めてしまう。「私が同じ状況だったらどうしていたか」「私にも同じような弱さやおごりがあるのでは」と筆者である新聞記者同様に考えさ...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました