2016年にあったパナマ文書とタックス・ヘイブンの真実

書評総合
<![CDATA[2016年の3月末から4月にかけて世界中で「パナマ文書」が話題となった。その文書を巡ってアメリカ・西欧・日本の富裕層や政治関係者の名前が次々と出てきて、「世界的なスキャンダル」と取り上げるメディアも出てきた。やがてほとぼりが冷めることとなったのだが、書店を回ってみると「パナマ文書」にまつわる本が次々と出てきており、中には「緊急出版」という形で取り上げられている。この「パナマ文書」も、本書にて取り上...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました