世の中は不正だらけ。でも救いはきっとあるはず。

書評総合
<![CDATA[あらすじ舞台はとある中小企業、そこで起きた組織的な不正を通じて、様々な人の視点や思惑でリアリティある人間模様が描かれる。作者は「下町ロケット」「半沢直樹」シリーズで有名になった池井戸潤。自身も20年間銀行員として会社員生活をしているので、社会人経験のない作家よりも、リアリティがあり共感出来る内容となっている。この不正の原因は何なのか、責任は誰にあるのか、最後のどんでん返しまで一気に読めてしまう。登...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました