「豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい5」合田拍手 富士見ファンタジア文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。さて、今回紹介するのは合田拍手さんの「豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい5」です!前巻の記事↓http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1069567638.htmlストーリー A内容は、アニメ通り戦争が始まろうとしている迷宮都市。シューヤの過酷な未来を、そして戦争を止めるためにスロウはシャーロットと共に迷宮都市へ。だが、炎の大精霊エルドレッドの力を手に入れたシューヤは誰の言葉にも耳を貸そうとはしなかった。悲劇が迫る迷宮都市でスロウは未来を変えるために奮闘するが…とこんな感じです!シリーズ第5弾!コミカライズも順調で人気シリーズとして定着してきましたね!5巻が発売された時ちょうど就活で読むタイミングを失っていたんですけど(^_^;)今回も面白かったです!アニメ通りに進行しようとする北のドストル帝国との戦闘。そのきっかけは迷宮都市で起こるある戦いがきっかけだった。その戦いに深く関わることになるシューヤを遠ざけ未来を変えるためにスロウはシャーロットと共に迷宮都市へ!スロウさんの激痩せっぷりはちょっとかなり心配ですけど、マジでこの戦いが起こす未来を回避したいという思いが伝わってきて良かったです!アリシアの言うことも聞かなくなったシューヤを救うために裏で暗躍し始めるスロウ。食欲も湧かない中、必死で戦って…そして始まる最終決戦。強敵を相手になんとか戦争を回避するための策を考えるスロウ。そして起こした行動。シューヤを救い、未来を変える。彼

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました