「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」藤原 和博

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★★(95点)

■リクルートのトップ営業マンから
 5年間中学校の校長として働き、
 現在、講演、執筆活動をしている
 藤原さんの一冊です。

 この本の食える人になるための1%戦略は、
 いくつかの得意分野を掛け合わせること。

 たとえば、まず、
 ひとつの分野に1万時間かけて、
 100人の1人になる。

 さらに別の分野に
 1万時間かければ掛け合わせて
 1万人に1人になれるのです。

・「100人に1人」は雑居ビルにひとりのイメージ。
 「1万人に1人」は町にひとりのイメージ。
 「100万人に1人」は世代にひとりのイメージ(p22)

■こうした考え方を基にして、
 まず、社会で生き残るための
 最初に3つの条件をクリアして
 1/2×1/2×1/2=
 8分の1の存在になりましょう。

・条件1 パチンコをするか、しないか
 条件2 ケータイゲームを電車の中で
    日常的にするか、しないか
 条件3 本を月1冊以上読むか、読まないか(p40)

■この最低条件をクリアしたら、
 4つのタイプ別に強化すべき条件を
 考えていきます。

 4つのタイプとは、社長タイプ、
 自営業タイプ、公務員タイプ、
 研究者タイプです。

 藤原さんは社長タイプと自営業タイプ
 の中間ようで、この2つの記載が
 他のタイプの3倍です。

 社長タイプであれば、
 組織の中で価値を生み出し、
 人を動かすコツが条件となります。

・私がリクルート時代にずっと
 続けていた周囲への貸しは、
 「人と人を結びつけること」(p132)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました