「愉楽にて」 林真理子

小説の書評と感想

大手医薬品メーカー九代目、久坂隆之は53歳。
副会長という役職と途方もない額の資産を与えられた素性正しい大金持ちで、
シンガポールと東京を行き来し、偏愛する古今東西の書物を愛でるように女と情事を重ねる。
スタンフォード留学中に知り合った友人、田口靖彦は老舗製糖会社の三男。
子会社社長という飼い殺しの身が、急逝した妻の莫大な遺産により一変。
家の軛から自由になるために、女からの愛を求め、京都で運命の出逢いを果たす。
時代の波に流されず、優雅で退嬰的な人生をたゆたう男たちが辿り着いたのは―。
平成の源氏物語という感じでしょうか。
使い切れないくらいお金があり、親戚も全部お金持ちという現代の貴族?のお話。
正直、おもしろくなくはないけど「そういう人もいるのね」程度の感想につきるかなぁ。。。
高等遊民の久坂に比べれば田口の誠実ゆえの苦悩はわかりやすい。
京都での問題はいらない苦労を背負い込んだような感じしかしないけど
華麗な生活のように見えて、窮屈な側面もあり。
家柄に恵まれてるんだから家に縛られるのは当然かもね。
そんな彼らとIT長者の感覚のズレはおもしろかった。

老後の経済的な不安なんて庶民の悩みはいっさい関係なくとも
お金だけでは解決できない加齢による問題は平等ね。

お気楽な50代に対する僻みっぽい感想に思われそうだけど
これ、この階級の女性が主役ならもっと興味深く読めたのかしら?

うーーん、でもここに登場する久坂の元ピアニストの妻やら
田口の美貌の兄嫁やら姪のストーリーも別にいいか・・・
久坂の関係あった女性の中では、ボランティアや社交生活

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました