脂質異常症の食事療法

書評総合
<![CDATA[血液中の脂質が多い状態動脈硬化の原因になるため、食事療法などの治療が必要。コレステロールには肝臓から組織にコレステロールを運ぶLDLと、組織からコレステロールを肝臓に戻すHDLがある。脂質異常症を放置すると様々な合併症が自覚症状がないからと放置していると、動脈硬化が進み、狭心症・心筋梗塞・大動脈瘤・眼底の異常・腎臓の異常・脳梗塞など、さまざまな合併症が起こりやすくなる。中性脂肪が1000mg以上に...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました