【再更新】:プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法

書評総合

どーも、プレミアムです本日紹介する本はこちらプロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法/すばる舎 ¥1,470Amazon.co.jp≪読むきっかけ≫「本が好き」というサイトで指名献本で当選しました^^≪簡単な内容紹介(アマゾン参考)≫現役弁護士は、どのようにして心理学の知識を活用し、老練な相手との交渉に負けずに結果を出しているのか──。それらのノウハウを紹介するのが本書。勝訴もしくは和解というゴールに導く弁護士の「心理学を用いた人を動かす技術」は、日々シビアな交渉の場に身を置くビジネスパーソンに必ず役立ちます。≪気になる部分の抜粋≫●決定権者の存在を探り、早めに本体を攻める 目の前にいる相手と、バックにいる決定権者との間には、事実をゆがめる フィールドがあると考えましょう。相手に任せていて、事実が正確に伝わる とは思えません。できるだけダイレクトに説得できる状況を作りましょう。 相手が妙に手強いと感じるときには、本体の存在を探ってみてください。●遅刻されたらラッキーと思う 交渉相手が待ち合わせに遅れてきたとしましょう。 イライラしてはいけません。ラッキーです。 遅れた側は罪悪感を持ちます。これは心理戦で有利に働きます。 遅れた相手に「確か約束は3時でしたよね」と皮肉を言うよりも 「大丈夫でしたか?心配しました」とより罪悪感を抱かせるほうが効果的。 人は罪悪感を解消するために行動を起こすからです。●相手の裏切りを想定しておく 相手を信頼するのは大事です。でも、相手が裏切るという可能性を 数パーセントでも意識しておくことはもっとも大事なのです。●反論の対象は相手の「論理」で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました