「まんがでわかる 伝え方が9割」佐々木 圭一

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(88点)

■世の中のトレンドを作ってみたいと
 ファッション雑誌に就職した主人公は
 壁にぶつかります。

 上司も同僚も後輩も
 言うことを聞いてくれない!

 正しいことを言っているのに、
 なぜ人は動いてくれないの!

 そんなとき
 主人公は謎のオネエに
 出会います。

 謎のオネエは、雑誌の欠点を
 正確に指摘します。

 そして主人公の欠点も
 正確に指摘します。

 「仕事がうまくいかないのは
  伝え方がへただからなの」(p25)

■謎のオネエが教える
 伝え方の技術には
 7つの切り口があります。

 相手の好きなことと組み合わせる、
 相手に選ばせる、
 相手の自尊心をくすぐる・・。

 話す前にちょっと考えれば、
 伝え方も変わるのです。

・「ノー」を「イエス」に変える技術・・
 1「相手の好きなこと」
 2「選択の自由」
 3「認められたい欲」
 4「あなた限定」
 5「チームワーク化」
 6「嫌いなこと回避」
 7「感謝」(p105)

■とにかくマンガが面白い。

 高校生の長女が
 勝ってに読んでいました。

 「お父さん、本を買うので
  小遣いを増やして」

 などと言い出しそうです。

 佐々木さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・「この領収書、おとせますか?」・・
 「それはおとせません」・・
 では、こう言ってみたらどうでしょう?
 「いつもありがとう、山田さん。
  この

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました