自分を変える睡眠のルール

小説の書評と感想
自分を変える睡眠のルール著者 千田琢哉睡眠を人生の中心と考えることによって、あなたのパフォーマンスは劇的にアップする! 集中力や直感力などは、紛れもなく、しっかりした睡眠を取ることによってもたらされるものである。また、健康な身体も、しっかり眠ることによってつくられていく。睡眠の大切さを今一度見直し、「しっかり眠る」ことを人生の中心とすることによって、あなたのパフォーマンスは劇的にアップするのだ。「しっかり眠る」ことを徹底的に追及してきた著者が明かす、自分を変え、成功を引き寄せる睡眠の極意。新たな知識を求めてこの本と出逢う。人生の3分の一は睡眠である、これはどんな人も、ほとんどの人が当てはまることではないかと思う。眠るが勝ち、これが著者である「千田琢哉」旨の思想である。大きな考え方で行けば、戦争とは睡眠の確保のための合戦であるということである。どれだけ安心した睡眠を確保できるか、これで勝敗が決まるのである。睡眠不足になると人はイライラしがちであり仲間われが起こってくる。だから睡眠を取れる方が強いということを著者の「千田琢哉」氏が言われている。睡眠不足は、命取りにもなりかねないということを肝に命じをと言う教訓である。人はなぜか負のスパイラルに陥ってしまう、断ち切りたければとりあえず一旦眠ることである。眠りのリセット効果を最大限に活用しようということである。熟睡して起きたあなたはまるで別人になっているものである。熟睡することによって心身ともにバージョンアップすることが可能である。早寝早起きの決定打は、早寝である。どうすれば早く寝ることができるのかを、真剣に考える必要がある。宿題を頭

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました