「心が折れない働き方」岡野 雅行

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★★(93点)

■「痛くない極細の注射針」を
 プレスでの
 大量生産を可能とした岡野さんの一冊。

(「カネは後からついてくる!」を
 改題・再編集したものです。)

 岡野さんは
 誰もやらない難しい仕事、
 誰もやらない儲からない仕事を
 やってきました。

 それは金型屋の岡野さんが
 プレス屋の仕事をするという
 業界のタブーを侵したから
 普通の仕事はできなかったのです。

・何かにつけて「しきたり」を
 持ち出すヤツがいる・・
 俺だってしきたりなんか
 どうでもいいとは思わないよ・・
 だけど、仕事のしきたりのなかには、
 壊しちまったほうがいいものもあるね(p131)

■業界の裏話が面白い!

 良い商品なのに
 社内問題や、既製品との競合などで
 製品化されない場合がある。

 また、メーカーの下請けとして
 不条理な要求を突き付けられることも
 あるようです。

 そんなとき岡野さんは、
 決して頭を下げません。

 情報をリークして、
 製品化せざるをえない
 状況にする。

 大声で文句を言い、
 主張をファックスし、
 トラブルを大きくして
 相手の社内での立場を悪くする。

 裏切ったら「倍返し」が
 岡野さんの流儀なのです。

・こっちに落ち度がないときは、
 頭なんか下げるんじゃないぞ!・・・
 ちょっと強気に出れば、あいつはすぐ
 頭を下げるなんて思われたら、
 相手はどんどん図に乗ってくる(p115)

■岡野さんは恩義も
 「倍返し」です。

 奢ってもらったら倍返し。
 ものをもら

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました