今週のランキングは恐ろしくも不思議なホラー・遠藤徹『姉飼』が1位!

書評総合

こんばんは! 本が好き!編集部の和氣です。
今週は1位が恐ろしい雰囲気を醸し出していますが、2位以降には「親子で読める名作10選」のベストレビューを狙いませんか?の参加書評が多く、ほのぼのとしたラインナップとなっております。
1位
書籍:『姉飼』
(遠藤徹/角川書店)
レビュアー:はるほんさん 得票数:36
書評掲載日:2017-01-24 09:03:51
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/36486/review/166744/
いやホント、惜しい。
今週の第1位ははるほんさんの書評です。
噂には聞いていましたが恐ろしい設定の『姉飼』。はるほんさんの書評を読んでいると、どう惜しいのか確かめてみたくなります。
—————————
2位
書籍:『書楼弔堂 炎昼』
(京極夏彦/集英社)
レビュアー:Wings to flyさん 得票数:34
書評掲載日:2017-01-23 16:36:26
書評URL:http://www.honzuki.jp/book/243345/review/166711/
 「あらゆる書物は断片的に、不完全な世界を封じ込めた呪具にございます。」と、その店の主人は言った。
第2位はWings to flyさんの書評。
京極夏彦先生(運営はファンなのです!)の新シリーズ『書楼弔堂』の2冊目です。もう書評を読んでいるだけで読書欲が止まらなくなります!
でも……長いんだろうなあ。
——R

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました