『昆虫たちの世渡り術 』恋をしたら昆虫のことを思い出してください

書評総合



昆虫たちの世渡り術 (14歳の世渡り術)

作者:海野 和男
出版社:河出書房新社
発売日:2016-10-24











私たちは常に装っている。同じ集団の人間とみなされるための制服を、愛されるための装飾を、自分はこういう人間であるとみられるための記号を。
装うことは最大の武器だ。身を守るためにも、何かを得るためにも。 装うことを初めた最初の生き物は昆虫ではないかと思う。私たちは知らず知らずのうちに小さな昆虫たちの真似をしているのかもしれない。
昆虫と人間が似ている点は、他にもたくさんある。本書ではそんな昆虫の生態を、擬態、共生、求愛、集団行動の4つのセクションにわけて解説している。
「14歳の世渡り術」というシリーズの本書は、中学生はもちろん、小学生でも読めるような優しい語り口で紡がれる。著者は昆虫写真家として有名な海野和男さん。少しでも昆虫をかじった人ならまちがいなく聞いたことがある、昆虫好きからすればまさに神様のような存在だ。
基本的なことから丁寧に解説されているから昆虫初心者や昆虫少年にはもちろんおすすめだが、マニアが読んでも心を躍らせずにはいられない。 生態の説明の中に、著者自身が現地に赴いて見たエピソードも織り交ぜて語られているからだ。
昆虫は他の生き物と比べて圧倒的に小さい。昆虫界では捕食者であるカマキリや強そうなカブトムシだって鳥や小動物からすれば格好の獲物にすぎない。だから、昆虫は様々な方法で身を守る。ヘビやフクロウなどの捕食者や自然に溶け込むように木の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました