『誰でもよかった/五十嵐貴久』を読みました。

小説の書評と感想
誰でもよかった内容(「BOOK」データベースより) 「明日。昼。渋谷で人を殺します」インターネット掲示板“ちゃんねるQ”に書き込まれた犯行予告。翌日、一台のトラックが渋谷のスクランブル交差点に突入した。死者は11人。惨劇の犯人は、人質をとり立て篭った。極限の緊張状態にある犯人に対し、事件の早期解決を求める捜査本部。全ては交渉人・渡瀬に託された―。世間を震撼させた大量殺人事件、驚倒の結末。 数年前に起きた事件がモチーフになっていますね。冒頭の部分は読むのが心苦しかったな~。事件があって、その犯人が立て篭もり、警察がやってきた。さらには、誘拐や立てこもり事件を専門にあつかうSITもやってきた。さあこれから盛り上がるぞ。と、思っていたらSITの警部補も何だか大した事していないし、犯人も特別何かあるわけでもなく、けっこう普通・・・。そんなに盛り上がらないで事件が解決!こんな感じの終りかたでいいのか冗談じゃないと思っていたら最後に最後でなるほど、そうゆうことだったのかと・・・。題名が重要でしたね。 ↑ポチッとお願いします↑
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました