蔵六雄山(ぞうろくゆうざん) 〜 六本木七丁目裏道の新進気鋭の寿司店!!鮮度と熟成のメリハリにこだわった良店!! [六本木グルメ]

書評総合
六本木七丁目の裏道にある、「蔵六雄山(そうろくゆうざん)」というお寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。
銀座ほど知られていないが、六本木・麻布地区は、寿司超激戦区である。
ミシュラン三つ星、食べログスコア日本一位に君臨する「鮨 さいとう」をはじめ、名店がしのぎを削っている。
特徴として、銀座よりも価格が安く、そして新進気鋭の店主による本気の勝負、というのが、六本木・麻布地区の特徴。
銀座はクラブに行く客の同伴出勤利用や社用などが多いが、麻布・六本木地区は個人利用が多く、その分シビアである。
そんな激戦区六本木の七丁目の裏路地、全然目立たない場所にある、「蔵六雄山(ぞうろくゆうざん)」というお寿司屋さんに行ってきた。
さっそく紹介しよう。
蔵六雄山(ぞうろくゆうざん) 〜 六本木七丁目裏道の新進気鋭の寿司店!!鮮度と熟成のメリハリにこだわった良店!! [六本木グルメ]
▲ やってきました、「蔵六雄山」。
「ぞうろくゆうざん」と読むそう。
かつて六本木にあった「蔵六鮨」というお店からの暖簾分けで、その名を冠しているとのこと。
 
▲ 裏道なうえに、お店の入口が奥まっていくので、かなりの隠れっぷり。
現代はGoogle Mapsなどで、どんな奥まった場所のお店も簡単に見つけられるようになったからこその立地だと思う。
 
▲ カウンターに座り、まずはビールを。
 
▲ のっけからウニの茶わん蒸し。
スタートから凄い。
 
▲ 続いては、北海道は余市のあん肝の手巻き寿司。
赤酢のシャリの風味が強くて気持ちが良い。
こちらのお店では、ネタに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました