バレンタイン 中学年(3・4年生)のおすすめ読み聞かせ絵本 『めでたしめでたしからはじまる絵本』

絵本の書評と感想

皆さん、おはようございます❗自由が丘こども図書館館長ありさです。バレンタイン時期ならば、王道と見せかけて……の昔話絵本『めでたしめでたしからはじまる絵本』デイヴィット・ランシェルリチャード・エギエルスキー 絵椎名かおる 訳 あすなろ書房 2008/5あらすじめでたしめでたし!騎士とお姫様は結婚して、末永く幸せに暮らしましたとさ。どうして、二人が結婚して末永く幸せに暮らすことになったかというとね……(5~6分)--------------------------★出会いはちょっとしたきっかけ★普通なら昔話は「むかしむかし」からはじまって、「めでたしめでたし」で終わります。しかし、この絵本では、「めでたしめでたし」からはじまって、どうしてそうなったのか追っていき「むかしむかし」に戻るおはなしです。おお!なかなかの変化球です。騎士とお姫様、ドラゴンや巨人の夫婦、うさぎ、空飛ぶブタ、料理番、なかなか曲者なキューピッドマザーグースや昔話ではお馴染みの登場人物たちがたくさん出てきます。絵本の良いところは、文章が説明していない部分を絵が語るところにあります。読み聞かせを何度もしているとこども達はほんとうに絵の秘密をみつけるのが上手だなと感心してしまいます。この作品でも、絵をよーく見てみると次にやってくる人物が控えていたり、目の前の事件になんともユーモラスな表情をしています。まさかドラゴンの弱点が○○○とは思うまい。特に青いキューピッドちゃんは、最後から最初まで騎士とお姫様をくっつけようと奔走しているのがわかります。文には書いていないけどね。本の開いてすぐの見返しからもう物語が始まっていま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました