どこまでを人に任せるべきか──『デジタルアポロ ―月を目指せ 人と機械の挑戦―』

書評総合



デジタルアポロ ―月を目指せ 人と機械の挑戦―

作者:デビッド・ミンデル 翻訳:岩澤 ありあ
出版社:東京電機大学出版局
発売日:2017-01-20











本書は「人と機械がアポロ計画においてどう役割分担をしたのか(そもそも人に役割はあるのか)」という観点から、計算機開発を中心に、人間と機械の協働を分析した一冊になる。アポロ計画に関する本は歴史を辿る物からマネジメントを分析する物まで山ほど存在するだけに、今更新しいものが読めるのかなあ? と疑問に思っていたのだが、これが滅茶苦茶おもしろい!

アポロ計画の技術者は機械設計にどのように人を組み込んだのか? 重大な月面着陸で人を制御にどのように介在させたのか? 人はいつスキルを持った賢い操縦士として働き、いつ飛行規定書に沿って機械のように動いたのか? この"人と機械"の境界線は、無味乾燥とした技術計算だけで成り立っているようにみえるアポロ宇宙船の人間的側面を映し出す。

原書は2008年刊行なので10年近く時間が経っているが、その価値はいささかも減じることがない。それどころか、自動運転車や人工知能との協働など人と機械の役割分担がより重要になり、民間の宇宙開発も進む現在、「どこまでを人がやるべきで、どこからを機械に任せるべきなのか」を考えることの価値はより増している。『読者は『Digital Apollo』が有人宇宙飛行のみならず、操縦士とコンピューター、自動制御、ネットワーク、そして現代の技術システムを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました