ハラハラどきどき、大笑い(^^)*『とこやにいったライオン』

絵本の書評と感想
紅葉にはまだ少し早い、もみじの名所。ここの「気」は格別です。少し前に見つけた、自分だけのお気に入りの場所(^^)(みんなにも教えたいような、でもやっぱり誰にも教えたくないような 複雑な気持ち …^ ^;)滝の音と、せせらぎの音に暫し時間を忘れて、別世界へ体調を崩してしまったり、思うように動けなくて、心が曇りがちな時は、わっはっはと笑える絵本で、心も元気に!(*^^*)子どもたちの笑顔は最高の宝物♪『とこやにいったライオン』作:サトシン絵:おくはらゆめ出版社:教育画劇自慢のたてがみが伸びすぎて、せっかくの男前が台無しになってしまったライオンは、スッキリさっぱりしたくて床屋さんへと向かいます。小さなかえるの床屋さんは、一生懸命はさみで チョキ チョキ チョキ チョキ・・・と~っても時間がかかってしまいます。そのうちライオンは眠ってしまい、思わずくしゃみをした かえるの床屋さんは、ジョッキーン!と、うっかり たてがみを切りすぎてしまいます。切りすぎたところを ごまかそうとあっちもチョキ チョキ、こっちもチョキ チョキ・・・(@@;)それはもう、大変なことになって顔面蒼白になってしまいます。かえるの床屋さん、大ピンチ!!!冷や汗をかきかき、ひらめいた名案は・・・!?読んでいる途中は、ハラハラどきどき。最後の展開には 大人も子どもも大笑い(^v^)心から元気になれる楽しい絵本です♪人気ブログランキングへ ↑「私もこの絵本が大好き!」または「読んでみようかな」と思ってくださった方、 クリックしていただけると励みになります↑
Source: 絵本8

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました