朝 読み聞かせおすすめ絵本 『あさになったのでまどをあけますよ』

絵本の書評と感想

皆さん、おはようございます❗自由が丘こども図書館館長ありさです。昨日の朝活でご紹介頂いた絵本の続きです。『あさになったのでまどをあけますよ』荒井 良二 著偕成社2012/4あらすじあさになったのでまどをあけますよ。毎朝、毎朝見る、いつもと同じ景色。大きな山だったり、賑やかな街だったり、日常の景色はそれぞれ違う。窓を開ければ、やっぱりそこにある。今日もいつもとおなじように窓を開ける。(5~6分)--------------------------★それでも朝はやってくる★絵が素敵だなぁという程度の知識で好きだったのですが、この絵本が東日本大震災をきっかけにして描かれた絵本とは思いもしませんでした。窓から見えるいつもの風景はかけがえのない日常の大切さ。を教えてくれます。大変なことがあっても、辛いことがあってもそれでも朝はやってくる。小学3年生の読み聞かせで、海の景色が好きだと声があがったり、裏表紙の柴犬に自分のうちの犬を重ねていたりおもしろい感想をもらいました。嬉しいことに文庫用の本棚がやってきました!組み立てて……完成です!棚板が1㎝ごとに動かせます。また夢が近づきました。★Twitterをはじめました。もしも、おすすめの絵本、おはなし会に使える絵本、タイトル覚えてないけど内容から絵本を探したり、こどもや大人の読書相談を受け付けています。よろしければツイートしてください。お悩み相談にのります。ありさ@自由が丘こども図書館 (@arisa29539786)自由が丘こども図書館Twitter 自由が丘こども図書館では、絵本に関することならなんでもおまかせです。こういうテーマで取り

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました