アパホテル客室書籍 歴史問題の本を読もう

小説の書評と感想

アパホテルに中国の圧力=国家観光局が利用中止求める 【北京時事】アパホテルが客室に南京事件を否定する書籍を置いていることに関し、中国国家観光局は24日..........≪続きを読む≫ [アメーバニュース]アパホテルの客室に置いてあるという話題の本。いったいどんな内容が書かれているのか、興味深い。  ってことで、図書館で借りてきた。元谷外志雄名で著者検索して出てきた2冊である。 元谷外志雄っていうのはあのアパ!でおなじみ名物女社長元谷芙美子の夫でアパホテルの代表。ペンネームは藤誠志。藤誠志名義の歴史本が客室に設置してあって、その内容読んだ中国人が怒っているというのがアパホテル歴史書籍問題。 この本、先述したとおり、アパホテルの代表が自分で著した本を設置してた。そりゃ撤去しないよね。そもそも言論の自由、表現の自由がある……なーんてことは、つい数十年前にガチで焚書やってた中国にはわからないか。 天安門事件についても書かれてるのかなぁ?まだ読んでないけど、ワクワクする。  ところで。  アパホテルには、むかーし京都で一回だけ泊まったことがあるけど、そのときは本は置いてなかったような気がする。いつから設置したんだろう?     

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました