私は沈黙していたのではない。一緒に苦しんでいた

書評総合

「今日の名言」は・・・
・私は沈黙していたのではない。  一緒に苦しんでいたのに・・・  ユダにもなすがいいと言ったのだ。  お前の足が痛むようにユダの心も  痛んだのだから(p294)
「沈黙」遠藤 周作、新潮社 【私の評価】★★★★☆(83点)

 
■試練に直面したとき人は、  助けを求めます。
 
 ある人は友人に求め、  ある人は専門家に求め、  ある人は宗教に求めるのでしょう。
 
 この本では宣教師が、  神の教えを広めようとして  多くの信徒が死んでいくという  この不条理と絶望のなかで  神に助けを求めます。
 
 しかし、  神はなにもしてくれないし、  何も答えてはくれない。  奇跡は起きないのです。
 
■最後に宣教師は、  踏み絵を踏みます。
 
 それで日本人の  隠れキリシタンは助かります。
 
 彼はどう納得したのか。
 
 神は私と共にいた。  私と共に悲しんだ。  私と共に苦しんだのだと。
 
 実は、神はいないのかもしれません。  人は、そうした不合理の中で、  合理化するしかないのです。
↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします
いつも応援ありがとうございます

沈黙 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.01.26
遠藤 周作 新潮社 売り上げランキング: 12
Amazon.co.jpで詳細を見る

 

■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』
Source: 総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました