「沈黙」遠藤 周作

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(83点)

■島原の内乱の鎮圧後、
 幕府はキリスト教が原因として
 ポルトガル人を追放します。

 潜伏している宣教師には、
 キリスト教を捨てるよう拷問し、
 拒否すれば処刑しました。

 中には、拷問に耐えられず
 キリスト教を捨てた
 宣教師もいたのです。

■本当に捨教した宣教師がいるのか、
 確認するために、日本に密かに潜入した
 ポルトガルの宣教師がいました。

 彼は、隠れキリシタンとともに
 幕府の捜索の手から逃れようとしますが、
 ついに密告により拘束されます。

 奉行は、キリスト教を捨てなければ、
 隠れキリシタンを一人づつ殺すと
 脅しました。

・基督(キリスト)がユダに売られたように、
 自分もキチジローに売られ、
 基督と同じように自分も今、
 地上の権力者から
 裁かれようとしている(p196)

■慈悲深い神を広めるために、
 日本に来たのに、そのために
 日本人のキリスト教徒が殺されていく。

 自分の信じる神は何もしてくれない。
 慈悲深い神はどこにいるのか。

 彼は神とは何なのか
 わからなくなってしまいました。

 そして、捨教した宣教師と出会い、
 彼もキリスト教を捨てました。

 神はいないのか。

 いや、神は自分と一緒に
 苦しんでいたのだ。
 彼はそう考えるしかなかったのです。

・彼は人々のために死のうとして
 この国に来たのだが、事実は
 日本人の信徒たちが自分のために
 次々と死んでいった(p208)

■自らの考える正義を
 組織として広げようとする
 宗教

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました