【シェア読書:896冊目】アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書(スティーブンE・ルーカス)

書評総合
【聞き手責任から話し手責任へ】
ハーバード大学をはじめ1000校以上の大学で利用され、20年以上に渡り多くのアメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書の初翻訳版。
この教科書を修了したとき、あなたの伝え方は激変する!
■この本の紹介文
「きちんと考えを伝えること」
このことに、なにか悩みを抱えていますか?
 
本書は、「伝え方」に関するすべてのテクニックを詰めこみ「教科書」として紹介する一冊。
ハーバード大学をはじめとする1000校以上のアメリカの大学で20年以上使い続けられている「教科書」の翻訳版。
 
日本人は、概して話すのが苦手であると言われています。
これは、「察する」に代表されるように、日本のコミュニケーションは「聞き手責任」であるのが原因だと指摘。
ここに、プレゼンに代表されるように、英語圏のコミュニケーションである「話し手責任」のテクニックを追加して、コミュニケーション力を強化しようというのがこの本の目的です。
 
アメリカ人は、なぜプレゼンもスピーチもうまいのか。
それは、きちんと授業で学んでいたからなのです。
 
そう、授業で学んでいたからなのです。
ならば、あなたも授業を受ければ、あのカッコいいスピーチができるようになれるのです。
 
「伝え方」の授業、受けてみませんか?
 
◆学べば、変わる!

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書
posted with ヨメレバ
スティーブンE・ルーカス,Stephen E. Lucas SBクリエイティブ 2016-11

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました