面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた

書評総合
面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた →そしたら人生観変わったposted with ヨメレバ堀江 貴文 KADOKAWA 2016-12-31AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:18  「少し前は、 “マンガばっかり読んで  遊んでいないで、勉強しなさい” と  言われたかもしれない。しかし気づけば  今、科学の最先端で起こっていることの  ほとんどは、昔マンガに描かれていた  ことばかりだ。(中略)  マンガは未来を教えてくれる格好の  メディアなのだ。本書は私がオススメする  マンガを目一杯盛り込んだ、  現時点のオールタイム・ベストだ。」本書は、堀江貴文さんがビジネスや人生で参考になる面白いマンガを紹介した本です。「仕方なく・・・マンガを読んだ」と本書のタイトルに入っていますが、私はこれに少し違和感がありました。それは堀江さんが、自他共に認めるマンガ好きだからです。堀江さんは、これまでも著書で何度も、好きなマンガについて語ってきました。そして、今ではマンガ好きが高じて、マンガ書評サイト「マンガHONZ」を主宰しています。マンガHONZは、『宇宙兄弟』の編集者で、作家エージェント「コルク」の代表を務める佐渡島庸平さんとの共同主宰です。さて、本書で紹介されるマンガは60冊。それに加えて巻末に約300冊のマンガリストも掲載されています。オススメのマンガを探している方にとっては、丁度いい本だと思います。私もマンガは読みますが、マンガにはいつも狭間の期間が生じます。それは、お気に入りで読んでいるコミックの最新刊が出るま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました