「ワールドエネミー 不死者の少女と不死殺しの王」細音啓 novel0

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近寒いと思ったら来週からは暖かいようで…気温の変化に戸惑います…

さて、今回紹介するのは細音啓さんの「ワールドエネミー 不死者の少女たちと不死殺しの王」です!






ストーリー A

内容は、世界中にヴァンパイアやグールなどの怪物がはこびる時代。人類は12体の最強の怪物アークエネミーを倒すために奮闘していた。最強のハンターであるノアはエルザと共にアークエネミーのゼルネッツァを追っていた。そんな中1人のシスターの少女と出会い行動を共にすることになる…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。キリスト教的世界観で描かれるアクションものとなっています。
novel0にファンタジーの名手細音啓さん登場! novel0ということで割とダークな世界観になっていました!ストーリーはまだまだ序盤という感じながらも盛り上げどころもきちんとあり安定した面白さでした!人類最強のノアと道中で出会ったシルヴィが話の中心にいましたね。かたや最強のハンター。かたや拳でエネミーをぶっとばす武闘派シスターと、なかなか噛み合わないようなキャラの軽い掛け合いとバトルで物語は進んでいきます。世界観や敵について語る描写も多かったですが、テンポが悪くならないのは流石ベテラン作家さんという印象を受けました。バトル描写も丁寧かつ必要以上の余計な描写がなくスッキリとした味わいで楽しめました!ただ、一つ気になったのがラストのノアの戦いがちょっとあっさりすぎたことですね…もう少し丁寧に描かいても良かったの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました