『医学常識はウソだらけ 図解版 分子生物学が明かす「生命の法則」』

ビジネス書の書評と感想
医学は、よくわからないところがありますよね。
そして、それが合っているのかどうなのか。
本書、『医学常識はウソだらけ 図解版 分子生物学が明かす「生命の法則」』は、分子生物学から考えた、健康維持といったことについて書かれています。
『医学常識はウソだらけ 図解版 分子生物学が明かす「生命の法則」』

医学常識はウソだらけ 図解版 分子生物学が明かす「生命の法則」
作者: 三石巌
出版社/メーカー: 祥伝社
発売日: 2016/12/24
メディア: 単行本

 

本の目次
序章 「医学」は「科学」にあらず1章「医学常識」はウソだらけ2章 分子生物学こそ、ほんとうの医学3章 「健康常識」もウソだらけ4章 医学で病気は予防できない
『医学常識はウソだらけ 図解版 分子生物学が明かす「生命の法則」』
分子生物学から健康を考えると
栄養が大切
体は、食べ物からできている
健康をどのように作って、維持するか?
あわせて読みたい:何が健康に有効なのか?


分子生物学から健康を考えると
人間も分子や物質でできています。物理的な存在ですよね。
ということで、分子生物学から健康というものを考えると、どうなるかということが本書では書かれています。
 
栄養が大切
ものすごく本書の考え方を簡単に言ってしまうと、「栄養」が大切ということです。
つまり、食事などですね。
 
何を体に入れるかで、健康が変わってくる。
 
こういうことが書

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました