「車谷長吉句集」改訂増補版

小説の書評と感想
 沖積舎「車谷長吉句集」改訂増補版を読みおえる。 三月書房よりの取り寄せは、今月22日の記事にアップした。 なおその時、彼の小説集「鹽壺の匙」を捜したが見付からなかったと書いたけれども、1月24日の内にその新潮文庫を見付けた。 句集は、2005年・刊。約300句。自筆署名あり。 解説で筑紫磐井は、車谷長吉(くるまたに・ちょうきつ、1945年~2015年)の俳句を遊俳(やや余技めいた、浮世離れした句作)とし、業俳(専門俳人の句作)と異なるとする。車谷長吉の小説の素材から成っている、とするが彼の業は小説かと述べており、僕の読後感にも、因業な句は少なかった。 以下に5句を引く。大葬のしゞまを破れ寒鴉名月や石を蹴り蹴りあの世まで秋の蠅忘れたきこと思ひ出す大根を洗ふ手赤し母は後家風さかる二百十日の隅の蜘蛛 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました