中央アジアの世界遺産

書評総合
<![CDATA[インドタージ・マハル:愛妃に捧げた総大理石の世界一美しい墓古都アーグラーにあるタージ・マハルは、ムガル帝国5代皇帝が最愛の妻の若い死を悼んで建てた霊廟。総面積17万平方mの広大な敷地にペルシア式の幾何学庭園と左右対称の総大理石造り。浮き彫りや透かし彫りが施され、細部まで美しく精巧。アジャンター石窟群:アジア仏教美術の源流をたどる断崖の石窟群全長約600m、大小30の石窟からなる古代インドの仏教石窟...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました