ロスト・ケア (光文社文庫) 葉真中顕

小説の書評と感想
あらすじ本書より引用戦後犯罪史に残る凶悪犯に降された死刑判決。その報を知ったとき、正義を信じる検察官・大友の耳の奥に響く痛ましい叫び――悔い改めろ!介護現場に溢れる悲鳴、社会システムがもたらす歪み、善悪の意味……。現代を生きる誰しもが逃れられないテーマに、圧倒的リアリティと緻密な構成力で迫る! 全選考委員絶賛のもと放たれた、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。 読書感想読みどころ現代の日本を象徴する高齢化社会とはどんなものであるかを様々な視点で浮き彫りにする。人類が生み出した法・社会・倫理を根底から覆すような重度介護者を狙い撃ちにする連続殺人を前に我々はあまりにも無能であり無力である。お、お前だったんかいー!? と驚きの結末。己を映す鏡のような小説を書く人「葉真中顕」本作は以前読んだ『絶叫』という作品の著者、葉真中顕氏の処女作である。絶叫 (光文社) 葉真中顕 | 読書感想BLOG 絶叫もそうであったが、日本の現代社会を色濃く反映した作品を書かれる方だという印象。そして登場する人物もどこにでもいる、と感じることができる人々であり、あるいは自分かもしれないと錯覚する。そして、とてつもなく重たく目をそむけたくなるような現実を物語として展開し、大きくうろたえることになる。高齢化社会と呼ばれる社会に在る現実家族を支えてきた存在である「親」が、高齢化し介護を要することで家族を破壊する存在となる。私はまだ経験がない状況ではあるが、誰しも経験する可能性はある。たとえ自分に親がいなくとも、結婚する相手の両親がその対象となるかもしれない。その状況下では法や倫理というものはひどく脆弱に見えてくる。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました