セサミストリートでかぞえよう

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

 




 

セサミストリートのリトルゴールデンブックをご紹介します。

「セサミストリートでかぞえよう(Count all the Way to Sesame Street)」。

 

セサミストリートといえば、ビッグバードにエルモやバート&アーニーなどが主要キャラのイメージがありますが、他にも濃いキャラがたくさんいます。

 

なかでも、この絵本の案内役、カウント伯爵(The Count)をご存知ですか?

表紙の向かって右端のドラキュラによく似たおじさんです。

この見た目なので、少々コワモテなのですが、ぜんぜんコワい人ではありません。

 

ただし、クセがあって、何でも数えるのが好きなのです。

それは、こんなふう。

 

ビッグバードのことを話すカウント伯爵。

まず、数字の1から始まります。

「1羽のビッグバードがセサミストリートに住んでいる。」

 



 

「ビッグバードは毎日、おいしいサンデーを2つ食べるんだよ。」

 



 

「それから、毎日ともだちと3人で野球をするんだ。」

 

Tote が子供のころ(大昔)は英語のお勉強といえば、セサミストリートが定番でした。

この絵本は英語の数の数え方の勉強になりますね。

 

商品情報はこちらです。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました