情報の海で溺れない 9

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:メディアリテラシー


 

1月16日の続きです。

 

「情報の海で溺れないようにするにはどうすればいいか?」このテーマで書き始めて、とちゅうで例のD社の騒動もあったこともあり、うーん、ダラダラ長くなってしまっております。

 

とはいえ、マウスイヤーのネットの世界では、あの騒動も遠い昔のことになるんだろうな。

 

だけど、情報の海で溺れないための方法は、ネットでもリアルの世界でも、何十年単位くらいなら時代が変わっても、Tote は同じだと思っております。

 

それに深く関わるのが、モノを書くための段取りである調査分析の部分。

ここがしっかりしていれば、信頼できる文章=情報となるわけ。

 

で、その調査分析の時間を圧縮できるかという、前回の記事の続きです。

まー、これが、どうなんでしょう。

 

調査分析の作業にもフローがあって、まず資料を集めなければいけません。

それから、資料を読み込んで、自分なりに分析しながら、自分の論を組み立てていくという流れになります。

 

分析や構成は、つまり考える時間なんだけど、これって圧縮するとかの問題ではないわな。

だけど、資料集めの時間は効率化できそうです。

 

ネットができる前、Tote はどうやって資料集めしていたかというと、ひたすら図書館に通っておりました。

公立の図書館をはじめ、商工会議所やジ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました