『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷
十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)
廃病院に集結した子どもたちの前に現れたのは--?
廃業した病院にやってくる子どもたち。目的はみんなで集団自殺すること。しかし、十二人が集まった部屋のベッドにはすでに一人の少年が。彼は一体誰なのか、この中の誰かが彼を殺したのではないか、こんな状況のまま計画を実行してもいいのか・・・・・・・。
性格も価値観も死にたい理由もそれぞれ違う、初対面の十二人の少年少女たちが、不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理する。初めて人とぶつかり、対話していくなかで彼らが出す結論とは。そして、この集いの本当の目的とは - 。(文藝春秋BOOKS)
(第156回直木賞候補作)
物語の舞台は、かつては産婦人科、小児科、内科の総合クリニックで、今は廃業している建物だ。そこに、一人、また一人、と子どもたちがやってくる。あらかじめ決められた手順 (ある場所に置かれている箱に入った数字を、来た順に取っていく) を踏んだ彼らが目指す場所は、地階の多目的ルーム。そこには、彼ら12人が 「安楽死」 するための準備が整っていた。が、ここで予想もしなかったことが起こる。準備されていた12のベッドのうち、この集いの 「管理者」 であり、招集者でもあるサトシのための1番のベッドに、身元不明の少年が既に横たわっていたのである。(解説より抜粋)
“安楽死” するために集まった12人とは別に、もう一人いる身元不明の少年 - 彼は一体誰なのか? なぜ、ここにいるのか? 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました