茨木のり子「歳月(Ⅲ)」

小説の書評と感想
 昨日に続き、花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、遺稿詩集「歳月」の最終第3章を紹介する。第3章は9編。 茨木のり子は、1926年・生、1949年・結婚(23歳)、1975年・夫が肝臓癌で死去(詩人・49歳)、2006年・死去(79歳)。夫婦に子供はなく、音信不通のため訪れた甥に発見される。世に俗にいう孤独死である。 「歳月」(Ⅲ)は、遺稿に目次のメモがなく、編集した甥の宮崎さんが、故人の意向に添うように配列した。その事に不満はない。 ただ詩集名を、最終編の題名より「歳月」とした事は、遺稿詩集とはいえ、内容からみて地味ではないか。もっとつやのある詩集名、あるいは原稿の入っていた箱に書かれていた「Y」(夫のイニシャル)もシンプルで良かったのではないか。 詩では、「なれる」事を嫌い、パンツ1枚でも品があったと回想し、「人を試す」事で叱られ感謝している。 遠ざかる面影に縋るような、切実な1編があるので、以下に全文引用する。  電報オイシイモノ サシアゲタシ貴公ノ好物ハ ヨクヨク知リタレバネクタイヲエランデサシアゲタシハルナツアキフユ ソレゾレニモットモット看病シテサシアゲタシカラダノ弱点アルガゴトクアラワニ見ユ姿ナキイマモイマニイタルモフリー素材サイト「Pixabay」より、菊の1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました