『脳はいかに意識をつくるのか 脳の異常から心の謎に迫る』 訳者あとがき by 高橋 洋

書評総合



脳はいかに意識をつくるのか
脳の異常から心の謎に迫る

作者:ゲオルク・ノルトフ 翻訳:高橋 洋
出版社:白揚社
発売日:2016-11-05











『脳はいかに意識をつくるのか――脳の異常から心の謎に迫る』は、Neuro-Philosophy and the Healthy Mind: Learning from the Unwell Brain(W.W. Norton & Company, 2016)の全訳である。原題からわかるように、本書は、うつ病、統合失調症などの精神疾患を抱える患者の臨床的な症例、ならびに機能的磁気共鳴画像法(fMRI)などの最新の脳画像技術を駆使することで得られた実証的な成果をもとに、精神病患者のみならず健常者の意識がいかに構築されるのかを探究する。
まず著者のゲオルク・ノルトフ氏について簡単に紹介しておこう。ノルトフ氏はカナダのオタワ大学に所属する神経科学者、哲学者、精神科医で、このような専門分野の広さからもうかがえるように学際的な視野を持つ研究者だと言える。本人の言によれば出身はドイツで、10年前にカナダに渡ったのだそうである。なお、論文、雑誌記事等に掲載された業績に関しては、氏自身のホームページに公開されているので参照されたい。
簡潔に言えば、本書は「意識とは何か」を探究する哲学と、脳神経科学における最新の成果の統合を試みるきわめて野心的な書である。出身がドイツであることからも予想されるように、ノルトフ氏は米英の脳科学者や意識の研究

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました