茨木のり子「歳月(Ⅰ)」

小説の書評と感想
 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、没後に刊行された詩集「歳月」3章を、順次、紹介して行きたい。 この詩集について、編集した甥の宮崎さんは、茨木のり子の没後、清書された詩40編、目次のメモ等を発見し、かつて詩人が花神社へ挽歌の出版の意志を伝えてもいた、とあとがき「「Y」の箱」で述べている。 原著は2007年2月、花神社・刊。3章39編(1編は既収録のため)。 「歳月」は夫の死後より自身の急逝まで31年間に、書き溜められたラブレターのようなもの(詩人の言葉)である。 (Ⅰ)は14編。「夢」では「…夢ともうつつともしれず/からだに残ったものは/哀しいまでの清らかさ//やおら身を起し/数えれば 四十九日が明日という夜/あなたらしい挨拶でした/…」と、夫を没後にも感じている。 「占領」という短詩があるので、以下に全編引用する。  占領姿がかき消えたらそれで終り ピリオド!とひとびとは思っているらしいああおかしい なんという鈍さみんなには見えないらしいのですわたくしのかたわらに あなたがいて前よりも 烈しく占領されてしまっているのが 初期の少女時代を懐古する(それだけではない)詩や、後期の人々を世を叱咤(激励)する詩より、「歳月」において茨木のり子は成熟し、すべての詩業の頂きを成す、と僕は受け止める。フリー素材サイト「Pixabay」より、菊の1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました