模倣犯 上・下 (小学館) 宮部みゆき

小説の書評と感想
あらすじ小学館HPより引用直木賞受賞作『理由』以来、3年ぶりに放つ現代ミステリの野心作公園のゴミ箱から発見された女性の右腕、それは史上最悪の犯罪者によって仕組まれた連続女性殺人事件のプロローグだった。比類なき知能犯に挑む、第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。そして被害者宅やテレビの生放送に向け、不適な挑発を続ける犯人――。が、やがて事態は急転直下、交通事故死した男の自宅から、「殺人の記録」が発見される、事件は解決するかに見えたが、そこに、一連の凶行の真相を大胆に予想する人物が現れる。死んだ男の正体は? 少年と老人が辿り着いた意外な結末とは? 宮部みゆきが“犯罪の世紀"に放つ、渾身の最長編現代ミステリ。読書感想※がっつりネタバレを含みます。読みどころ事件関係者を意のままに操り劇場型犯罪を繰り広げる犯人に迫るミステリ作品。被害者遺族、警察、マスコミ、犯人それぞれの視点が交錯する物語展開。成熟社会における犯罪因子とそれが引き起こす社会的影響を解き明かそうとする試み。といったところだろうか。しかし正直なところ物語に入っていけず、上下巻1400ページがただただ長く感じるだけの読書となってしまった。なぜこんな具合になってしまったのか要因を考えるとともに感想を記録しておく。ミステリとして楽しめる第1部本作ではいくつかの視点が入れ替わりながら、それぞれの人物たちによる物語の中核を貫く連続殺人事件への関わりを描いている。上巻の半分を占める第1部で主な視点は、以下の4つであろう。有馬義男 被害者遺族塚田真一 過去の一家殺人事件の生存者前畑滋子 フリーライター武上悦郎 警察の捜査デスク塚田真一と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました