「ボスコン流 どんな時代でも食っていける「戦略思考」」牧野 知弘

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★☆☆(77点)

■大学卒業後、都市銀行3年、
 ボストンコサンルティング3年、
 三井不動産と渡り歩いた著者が教える
 ボストンコサンルティングの思考法です。

 ボストンコサンルティングは
 経営戦略を提案する会社ですので、
 課題分析、戦略提案を行います。

 何が問題なのか、
 その根本原因は何か、
 それに対してどういった
 手を打つのか、ということです。

・ほかの業界で同じような事例がないか、
 そのパターンは自分の業界や会社にも
 応用できるのか、できるとすれば具体的に
 どのようなアクションプランを
 描けばよいのか(p47)

■もちろん決断するのは、
 顧客である経営者です。

 提案が採用されない場合も
 あるでしょう。

 提案が採用されたものの
 失敗に終わることもあるでしょう。

 実行段階の問題もあれば、
 戦略自体がまずい場合もある。

 それでもコンサルタントは、
 経営者の決断を支援する存在として
 なくなることはないのです。

・コンサルタントはクライアントが決断する
 その背中をそっと押してあげる役と言っても
 よいかもしれません(p133)

■著者がボストンコンサルティングで
 学んだのは、課題への取り組み方
 ではないかと思いました。

 課題を開設することは
 誰でもできますが、
 課題を解決できる人は、
 限られるのです。

 牧野さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・マッキンゼー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました