自殺島 17 森恒二

小説の書評と感想
とうとう自殺島も完結。大団円。こまけーことはいいんだよ、というざっくりしたハッピーエンドのエピローグでした。その前に。カイの泣き言にうっかり騙されちゃうリュウ。自業自得の結果でしたが、あれはもうほとんど自ら望んで…のような気がしますね。みんなのリーダーを演じていたけれど空元気だったリュウ。とうとう恋人を忘れられず前を向くことができなかった。 これはもう、しょうがなかった。どうしようもない。バッドタイミングでリヴはカイに拉致されてしまう。お腹にはセイの子が!完結直前、最後の対決ですね。最愛の恋人(あ、結婚したからもう妻か)のリヴを連れ去られ、やっと本気で怒るセイ。生まれて初めての殺意を抱きます。その本気、もっと前に出して欲しかった。そうしたら犠牲はだいぶ減っただろうに。いいタイミングで先住民のおっさんも再登場。忘れてたよ。そういう人いたねーそんなこんなで完結しました。抗争編が長くて脱落しそうになりましたが、なんだかんだ最後まで読んじゃいました。リュウとかリョウとか名前がわかりにくくいし顔も見分けがつかなくって混乱しましたが、孤島サバイバルっていう設定は素敵でした。次回作は自殺島の前日譚「無法島」一巻完結とか、せめて3巻以内のコンパクトな内容なら読みたいけど…どうだろうなあ。ホーリーランドみたいな格闘モノっぽいノリなのかな? 自殺島 17 (ヤングアニマルコミックス) [コミック]森恒二白泉社2016-10-28 [まとめ買い] 自殺島(ジェッツコミックス) [Kindle版]森恒二 ホーリーランド 1 (ジェッツコミックス) [Kindle版]森恒二白泉社2013-07

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました