「「太平洋戦争」アメリカに嵌められた日本」マックス・フォン・シュラー

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★☆☆(76点)

■アメリカは白馬の王子様ではなく、
 単純で自己中心的な国であることを
 日本は忘れてはならないと
 指摘する一冊です。

 日本人が静かに説明しているときでも、
 アメリカ人、中国人、韓国人は、
 いいかげんなことをどうどうと
 大きな声でまくしたてる。

 嘘でも偽造でも
 勝ったものが勝つ。

 黙って謝れば許されるなどと
 考えている日本人は
 お人好しでしかないということです。

・日本人に言いたいのは、なんでもすぐに
 謝らないほうがいいということ。
 アメリカ人や中国人のように、
 「私は悪くない」という態度を
 貫くことが大事です。
 そしてアメリカのパートナーとして、
 アメリカの傲慢な考え方を改めさせるよう、
 上手に導いてほしい。(p213)

■そもそも日本人は、
 印象操作が下手くそらしい。

 太平洋戦争当時も、
 中国や左翼活動家のプロパガンダに
 アメリカ人はころっと騙されている。

 戦時に日本は悪魔化され、
 現在も日本を敵と感じている
 アメリカ人は少なくないのです。

 原爆や爆撃で数百万人の民間人を虐殺した
 アメリカにとっては、極悪の日本を打ち倒し、
 素晴らしい民主主義を教えたという
 ストーリーが必要なのです。

・『なぜ戦うのか』というアメリカの
 プロパガンダ映画がある。
 そこでは中国人を「平和な国民」として描き、
 「中国は他国を侵略したことがない」
 と紹介されている・・・
 グーグルで検索しただけでも中国がベトナムを
 22回も侵略していることがわかる・・(p

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました